年代ごとに見るギャル文化の変遷

ギャルは若い女性を中心に日本独自の文化として浸透しています。スタイルは年代によって様々であり、派手なメイクを施す場合もあれば、シンプルなメイクもあります。

ギャルには目指すカリスマが存在します。カリスマのようになるために、ストイックにメイクやファッションを勉強しています。

若い時代にしか体験できない貴重な機会でもあるため、流行の中心が若い女性となります。ギャルファッションには、時代によってマストアイテムが存在します。

それらを身に付けるのがステイタスとなるため、誰よりも早く流行を敏感に察知し、流行の最先端を行く必要があります。1990年代はアムラーやルーズソックスが流行りました。

有名女性歌手をファッションのカリスマとし、テレビに出る格好を真似る人が増え、次第に日本全体を巻き込んでファッションとして確立しました。ルーズソックスとは、丈の長い白い靴下をたるませて履きます。

いソックスなので女子中高生を中心に流行しました。2000年代になるとデカ目やデコ電が流行りました。デカ目とはアイメイクで大きく見せる事です。アイラインやまつ毛エクステを使用する事で、通常より大きく見えるようになります。

アイメイクはギャルメイクの特徴の一つで、顔の印象を左右する大事なメイクです。デコ電は携帯やスマホをビーズ等でデコレーションする事で、華やかで煌びやかな機器に仕上げます。使用する度にキラキラ輝く姿が美しく、携帯やスマホ以外にもミラーやボールペン等、身近な物もデコレーションします。

1990年代と2000年代のギャルには大きく違う点があります。それは色です。1990年代はガングロと言われるように、顔を黒くするのが流行りました。

日焼けサロンに行ったり、地肌より暗い色のファンデーションを使用したりする等して、体全体を黒く仕上げます。そして目や口の周りを白くする事で、ヤマンバやマンバと言ったギャルが流行りました。

2000年代は逆に色を白くするようになりました。色白は白ギャルと呼ばれ、黒と比較すると落ち着いた印象があります。ギャル文化はファッションやメイクだけでなく、音楽でも流行を圧巻していました。

これは公園や路上で毎夜繰り広げられるパラパラと呼ばれる踊りを指します。音楽に合わせ決まった振り付けを大勢で一斉に踊ります。振付を覚えたり集まる姿は楽しいサークルとして浸透しました。

最近は極端に派手なメイクやファッションは減りましたが、いつの時代も若い女性が中心となって流行は動いています。