今も文化は多くの場所に根付いている

日本にギャル文化が誕生したのは1990年代のことです。

安室奈美恵や安西ひろこのオリジナリティーのあるファッションやスタイルから始まり、あっという間に大勢の十代の若者のなかでその文化は成長していきました。

具体的に流行したのは、厚底ブーツ、白メッシュ、日焼けなどです。

ファッションブランドではミジェーンやアルバローザといったものが人気を集めていました。

プラダのかばんやポーチ、ルイヴィトンなどを女子高生が持ち始めたのもこの頃です。

渋谷のセンター街はいつしか聖地と呼ばれるようになり、連日制服姿の女子高生と男子高生で賑わうようになりました。

雑誌ではエッグが発売部数をどんどん伸ばしていきました。

2000年代になり、その文化はさらに多種多様になっていきました。

例えば肌の色に関しても、日焼けサロンなどで徹底的に焼くゴングロと、美白にこだわる白肌派が誕生しました。

ファッションブランドに関しても、ココルルのようにカジュアルスタイルをミックスしたブランドや、マウジーのように大人っぽいスタイルを目指すものなど同じギャルの中でも個人個人の嗜好を反映した形で細分化していきました。

1990年代と比較し、ファッションにはお金がかからなくなり、従ってより多くの女子高生にとってハードルの低いものとなりました。

読者モデル、読モという言葉が浸透してきたのもこの頃です。

雑誌に出ている一般人はカリスマ女子高生などと呼ばれ、芸能人のような存在でしたが、読モの誕生によって多くの一般人が雑誌に登場し、人気を集めるようになりました。

全体的に、ギャル文化そのものがよりソフトに、一般的なものとして幅広い人間に受け入れられた時代でした。

2010年代にはいり、言われているのは、ギャルがいなくなったということです。

かつて渋谷のセンター街を闊歩していた派手な若者たちは消え、雑誌エッグも休刊となりました。

今やもはやギャルという特定のグループはほぼ存在せず、ギャルから進化したメークやファッションの文化を個人個人がそれぞれの趣味嗜好によって採用している時代です。

例えばもともとギャルから始まったつけまつげや二重化粧品は、いまや多くの女子高生にとって欠かせないメーク術です。

そしてカラーコンタクトレンズの売り上げは右肩上がりを続けています。

ファッションブランドもより細分化し、そして低価格化が進んでいます。

このように、ギャルそのものはほとんど見られなくともその文化は多くの場所に根付いています。